大事な記念日を撮影|お宮参りの写真はプロに依頼|次世代に残すなら

お宮参りの写真はプロに依頼|次世代に残すなら

ウーマン

大事な記念日を撮影

男の子

七五三の写真は子どもの成長記録として貴重なもので、親にとっても子どもにとっても後で振り返ったときに懐かしくなるようなものをしっかりと残すことが大切です。さらに七五三は、子どもがそれぞれの年齢まで無事に成長できたことを感謝し、子どもの健康や幸せを祈る行事なので、写真もそれにふさわしい明るい表情が望まれます。また、これは基本的に家族で祝うものなので、記念として子どもだけでなく両親も一緒の写真を撮ることが多いです。七五三の写真撮影の場合は、子どもたちが着物姿になるのが一般的ですが、これは規則ではないので子どもの性格や好み、親の方針によって洋装を選ぶことも可能です。また、親たちの服装も和洋どちらでも良く、主役となる子どもたちの装いに合うものを選ぶようにするのが一般的です。

七五三の写真でまず決めなくてはならないことは、写真撮影をお参りに行く当日にするかどうかということです。当日の撮影は、衣装選びがその日だけですむという利点はありますが、この日は忙しくなるはずなので、撮影に集中できなかったり疲れが出る可能性があります。そのため、最近ではお参りとは別の日に撮影する、前撮りや後撮りなどを選ぶ家族も増えているので、写真撮影を依頼する前に考えておく方が良いでしょう。また、子どもの衣装を和服にする場合には、草履は当日に嫌がったり歩行が危なくならないために、事前に少し慣らしておくことをお勧めします。さらに、親の衣装については決まりはないのですが、七五三は子どものための祈願を行う行事であるということを認識して、あまりラフな服装にならないように注意するべきでしょう。